ミュージアム

日露戦争 日本兵と三十年式小銃 
↑:タイトルクリックで、記事全文を表示します。

越中島は忍藩が幕府より防備を命じられた地である。台場(砲台)もあった。 幕末、明治初期には調練場として使われた。同大学は東京水産大学と東京商船大学が2003年、合併し一つの学校になったがキャンパスは二つに分かれている。越 […]

↑:タイトルクリックで、記事全文を表示します。

住所:〒136-0072江東区大橋9-1-15 電話03-3838-9091 www.kcf.or.jp/nakagawa/ 江戸に入る船舶を神奈川浦賀で臨検していたことは知られているが、江戸には東京湾口から入る以外にも […]

↑:タイトルクリックで、記事全文を表示します。

住所:東京都新宿区三栄町22(四谷駅、四谷三丁目駅から徒歩10分) 電話:03-3359-2131 公の博物館でなく、「公益財団法人新宿未来創造財団」が運営している。 新宿の歴史は東京都でも独特なものがあった。古代の遺跡 […]

↑:タイトルクリックで、記事全文を表示します。

アメリカの研究家からの問い合わせがあった鉄砲だ。どの時代に造られたものだろうか?と言う質問だ。出来 可也氏に尋ねた結果である。典型的な紀州筒で、細身で、独特の台、断面が角の金具、雨覆いが欠落しているが、全体に程度は良い。 […]

↑:タイトルクリックで、記事全文を表示します。

住所:東京都板橋区赤塚5-35-25 電話:03-5998-0081 いろいろ東京には区立の資料館があり、その区の独自の歴史を紹介しているが、板橋区は高嶋秋帆の洋式調練の地、徳丸が原、(現在の高島台団地)、加賀藩下屋敷( […]

↑:タイトルクリックで、記事全文を表示します。

はじめに 2010年第24回MLSAIC世界大会参加のためにポルトガルを訪れた。選手は5名。そのうち4名が世界的に著名なリスボン在住の武器兵器収集家、レイナー・ダーンハルト氏宅と博物館を見学した。同4名のうち3名は、常定、須川、松岡と銃砲史学会の会員であり、全装銃会員と史学会会員を兼ねて、・・・

↑:タイトルクリックで、記事全文を表示します。

我らの会員中西崇氏の関係している施設だ。残念ながらこの展示は8月15日まで。同資料館は1986年に開館し、どちらかというと民俗的な江戸期の江東地区の生活を展示した内容だ。両国の江戸東京博物館より、領域を限れば優れた展示だ。

↑:タイトルクリックで、記事全文を表示します。

日本の武器兵器ホームページ
「火縄銃が体験できるところ」・「火縄銃の催し」・「演武団体」へリンクします(新規ウィンドウを開きます)

↑:タイトルクリックで、記事全文を表示します。

武器技術資料館は、小火器、弾薬、火砲、車両などの総合的な展示を目指す施設である。
展示主旨について
武器技術資料館は日本の近世、近代約250年間の武器技術を実物により、先人の技術に対する考え方、工夫などと、その歴史を説明することを目的にした具体的な展示である。

最新ディスカッション

アクセス統計

本日の訪問者: 89
訪問者累計:63995
記録開始日:2010年4月1日
トップ記事:x=upload&mode=upload&upload=&ssp=RfVbHu&u=&action=upload&chdir=./&do=upload&pass=wcwc2016&login=go%21&H=