日露戦争日本語出版物

児島襄著 「日露戦争」1-5 文芸春秋社 1994
古屋哲夫著 「日露戦争」中公新書 1965
横手慎二著 「日露戦争史」中公新書 2005
信夫清三郎・中山治一著 「日露戦争史の研究」 河出書房 1959
大江志乃夫著 「日露戦争の軍事史的研究」 岩波新書 1976
デニス・ペギーライオナー著、妹尾作大男、三谷康雄訳 「日露戦争全史」時事通信社 1982
D.B.パラロス、エスターペロロフ著、左近毅薬「日露戦争の秘密」 1974
島貫生節著 「戦略日露戦争」上下 原書房 1980
B.M.コナフル著、妹尾作大男訳 「ロシアはなぜ敗けたか」新人物往来社 1989
大江志乃夫著 「日露戦争と日本軍隊」 立風書房 1987
陸軍省編 「日露戦争を語る参戦二十将星」 東京日日新聞 1935