10年ぶりの設楽ヶ原

当会では10年前にも設楽ヶ原研修を行った。今年は武田 信玄公
没後440年と言うことで武田家、織田家の末裔も参加して歴史を
感じた。幾つか、ここで今回の例会・見学会の内容で追記しておきたいこと
があるので、以下に記す。

1、 資料館の展示
① 野田城資料館

image001
雑兵具足

image002
関流鉄砲

image003
弓とえびら

image004

早合、発掘弾丸など

 

② 設楽ヶ原資料館

image005

鉛鍋とおくど

image006

鉄砲の展示

image007

子供の体験コーナー

image008

フイゴ

image009

信玄を狙撃したと言う大筒

 

2、 設楽ヶ原風景

image010

多くの兵が倒れたと言う田圃 あちらこちらに戦死者塚があった

image011

連吾川

image012

信玄公法要

image013

法要礼射

image014

馬防柵

 

3、演武

image015

真田隊演武 来年の大河ドラマ、澤田公も張り切っていた。

image016

相馬隊演武

image017

雑賀隊演武

image018

愛知県古銃研究会演武

 

4、 懇親会

image019

宿泊所 愛知県立自然の森

image020

   夕食

image021

 

   数十名の夕食会

image022

image023

各鉄砲隊の陣羽織

一番心配したのは天候だ。時々雨が激しく振る。しかし演武が始まる時間になると小雨となり、ほとんど支障なく演武を終了することが出来た。

こういう訳で林 利一氏以下、地元の皆さまのおかげで我が日本銃砲史学会は無事に見学会、例会を終え5日午後おのおの帰途についた。
(この項以上 管理人記)

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。