平成26年度理事会開催

日時:平成27年5月9日 午後1時より4時

場所:早稲田大学各務記念材料研究所小会議室

出席者:林、宇田川、峯田、足立、松岡、高橋、中江、須川、栗原、折原、小西、棟方 (順不同、理事11名、委員候補1名)

   
題目と内容:

○6月例会(実施は7月地方例会)の件 林 利一理事より説明

地方例会は第10回目となる。第1回開催の設楽ヶ原に戻り1泊2日の

日程で「新城例会」として実施する計画である。

  
 林地方例会担当
実施月日:平成27年7月2日(土)-3日(日)

会場:新城市設楽ヶ原歴史資料館 研修室

予定人員:70名(日本銃砲史学会会員、5団体鉄砲隊隊員、設楽ヶ原を守る会、

その他一般)

予定:★7月4日(土)

長篠・設楽ヶ原ガイド 12時半-14時半

例会14時半-17時

懇親会18時より 会場 愛知県民の森 会費\3,000-

★7月5日(日)

9時発信玄塚法要

11時半-14時 火縄銃演武 会場 馬防柵

(演武団体は長篠・設楽ヶ原鉄砲隊、愛知県古銃研究会、相馬中村藩鉄砲衆、信州真田鉄砲隊、紀州雑賀鉄砲隊の5団体が出場予定)
発表題目:『戦国鉄炮一派の実像を求めて』 宇田川 武久 60分

  
 宇田川名誉教授

小林 与春会員、湯浅 大司氏 題目時間未定
(地方例会は新入会員勧誘の良い機会であるが今まであまり成功していないのが課題である。特に青森はゼロであった。)
○第1号議案 平成26年度活動成果報告 峯田

例会、見学会、銃砲史発刊などに加え、

平成26年10月12日 坂本 龍馬展

平成27年1月20日 鉄鋼プレゼンス研究調査委員会フォーラム

を行った。

○第2号議案 平成26年度会計報告 松岡

○第3号議案 平成27年度事業計画 峯田

○第4号議案 平成27年度予算案 松岡

懇親会費を会の予算に組み込む

○第5号議案 平成27年度役員案

①事務局長の業務に関して

  
 峯田事務局長

②棟方 貞夫氏に委員を委嘱する。レジュメの例会会場、保管に関して

  
 棟方委員

③講師選択交渉など実務を全理事が各例会及び個別の会で討議し、作業を分担する。

④「銃砲史研究」は小西理事の元、年3回発行の予定

  
 小西理事

以上

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。