第398回日本銃砲史学会3月例会のお知らせ

場所:早稲田大学各務記念材料技術研究所
   住所)新宿区西早稲田2-8-26
日時:平成27年3月14日(第二土曜日)受付12:30 
開始13:00―終了17:00
例会費:会員500円、会友1,000円
懇親会:希望者会費4,000円、17:10「かわうち」にて

研究発表演題予定:
*開会挨拶
*「ミニエー式小銃の20年間」     陸自武器学校顧問 須川 薫雄
*「和鉄と洋鉄の差異・その成立史」   歴史を変える転換技術研究会
                             野崎 務
*「港区旗本花房家屋屋敷跡遺跡出土の黒色火薬甕 都埋蔵物文化財センター
                      調査研究員 合田 恵美子
*「ラオス北部における鍛冶技術と前装式銃」  千葉県教育庁文化財課
                       産業考古学会 神野 信
*閉会
(連絡事項)

○平成27年度地方例会の予定
日時:7月4日(土)愛知県新城市設楽原(史跡・資料館見学、例会、懇親会)
   7月5日(日)設楽原決戦戦場まつり(全国鉄砲隊5隊の演武見学)
以上

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。